読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鱧浪会

滋賀のアカペラサークル鱧浪会のブログです。

ハモ合宿3匹目

鱧浪会では、合宿を行いました。
3回目の合宿、その名も、
「ハモ合宿3匹目 〜 2度あることは3度ある 〜」でした。

合宿の概要

日時:2016/10/21(金)〜22(土)
場所:滋賀県 こんぜの里 バンガロー村
費用:10,000円(余ったらキャッシュバック)
人数:18人(広島〜愛知まで)
目的:
 「自分たちで楽しみをつくる。
  まずは自分の居心地良い場所をつくる。
  そして周りの人の居心地良い場所もつくってあげる。」




鱧浪会のためのイベントとはいえ、これまで毎回、外部の人にも参加していただけているので、今回も外部の人に来ていただいての合宿でした。


合宿のテーマ

合宿では目的とは別に、毎回テーマがあります。

1回目は「交流」(仲良くなって、自分やみんなの居場所をつくる。アカペラ関係なし。)。

2回目は「編曲」(Happy Birthdayの曲を各自がアレンジに挑戦)。

そして今回は「作詞」でした。

教わったこともなければ、作詞すらしたこともないメンバーがほとんどでしたが、自分なりに考えた歌詞をつくることができた機会となりました。



合宿の流れ

今回の合宿の流れを書いておきます。

次回もそこまで大きくは変わらないと思うので、ぜひ興味のある方はご参加ください。


1.事前課題(2,3ヶ月前ぐらいから)


・好きな歌詞を共有する。

世の中にある自分の好きな歌詞を探してそれをみんなで共有しました。これから自分たちで歌詞を考えなければならないので、そのヒントになるかなと。


・指定された有名曲のメロディーに乗せて、オリジナルの歌詞を考える。

指定された3曲(Top of the world、In the still of the night、Wonderful world)の曲から一曲選んで、その曲を聴いて感じたものをテーマとして各自オリジナルの歌詞を書きました。




2.初日(金曜日なので有休推奨システム)


・買出しや合宿の準備

有休組は、先にバンガローにチェックインをして、合宿のしおりを作ったり、夜ゴハンの準備をしたりしました。


・飲み会

ようやくここで全員合流します。今回はなんとプロのミュージシャンの方も参加いただけたので、作詞に関してのお話も聞けました。鱧浪会には現在、グループが3つあるので、そのミニライブもありました。




3.二日目(ようやく合宿アカペラ)

・歌詞投票

匿名だった歌詞に、匿名で投票をしました。上位3つの歌詞が選ばれて、その作者をリーダーとしたグループを組み、その曲をアカペラで行うことになりました。


・歌詞の説明

この日まで匿名だった歌詞が、ようやく作者公開されました。一人ひとりが、自分の書いた歌詞に関して説明を行いました。作者がわかったり説明を聞くことで、急にイメージが変わったりするものも多くありました。


・アカペラアレンジ

もともとアカペラアレンジされている曲が対象でしたが、各グループで、その歌詞にあわせて再アレンジを行いました。